歌聴クブログ@遥

日本語以外の歌詞の歌を紹介するブログです

Arriettys Song(借りぐらしのアリエッティ)

今回は連休中にジブリ作品を見ていたため、借りぐらしのアリエッティのエンディングで歌われていたArriettys Songのフランス語バージョンを紹介させていただきます。

www.youtube.com


フランス人のハープ奏者の方の歌なのですが、妖精さんが歌っているような雰囲気がある綺麗な歌ですよ。日本語バージョンは結構知られていると思いますが、是非フランス語バージョンも聴いてみてください。


(草原の下で、私は育ったわ)
Sous les herbes folles, moi j'ai grandi.
(ごく普通の健康的な可愛い女の子)
Je suis une enfant ordinaire, plutôt jolie.
(外の世界を夢に見る女の子)
Petite fille rêvant d'ailleurs,
(あなたのいる場所からそんなに遠はないの)
Ici pas très loin de vous.
(ため息を吐いたり、自身に言い聞かせることもあるの)
Parfois je soupire et souvent je me dis,
(もっと広い視野を持って生きていきたいって)
J'aimerais tant voir la vie en grand.

(髪が風にそよぎ)
Les cheveux froissés par le vent,
(白い鳥のように空気を裂いてみたい)
Fendre l'air comme un oiseau blanc.
(貴方と目線を合わせるために)
Sentir enfin ton regard, sur moi.
(壁の向こう側には海があることを知っているわ)
Derrière ces murs je sais qu'il y a la mer
(蝶が大きく羽を広げていることも)
Des papillons un grand livre ouvert.
(でも、どこにいるって言うの)
Mais y a-t-il quelqu'un quelque part,
(私を待っている人なんて)
Pour moi.

(オバケみたいな大きな草の下で、雨音に耳を傾ける)
Sous les herbes folle, j'écoute la pluie.
(時間がただただ過ぎていって、私は退屈なの)
Le temps, s'écoule ordinaire, moi je m'ennuie.
(一歩一歩を、私の気持ちに従いたい)
A chaque pas suivrenos coeurs,
(私は私の心のままでいきたいの)
Je veux suivre mon coeur.
(止まって、自分に言い聞かせてる)
J'attends, souvent je me dis,
(もし友達がいたら、もし翼があったら)
Si j'avais des ailes si j'avais un ami,
(彼との毎日はもっと素敵になるのになって)
La vie serait plus belle avec lui.

(髪が風にそよぎ)
Les cheveux froissés par le vent,
(大きな白い鳥に会いに行くの)
J'irais voir les grands oiseaux blanc,
(あなたと視線を合わせることができる)
Je sentirais ton regard, sur moi.
(壁の向こう側には海があることを知っているわ)
Derrière ces murs je sais qu'il y a la mer
(蝶が大きく羽を広げていることも)
Des papillons un grand livre ouvert.
(そしたら、どこかにいると思うの)
Et toi là-bas quelque part,
(待っている誰かが)
Qui attends.

(髪が風にそよぎ)
Les cheveux froissés par le vent,
(大きな白い鳥に会いに行くの)
J'irais voir les grands oiseaux blanc,
(あなたと視線を合わせることができる)
Je sentirais ton regard, sur moi.
(壁の向こう側には海があることを知っているわ)
Derrière ces murs je sais qu'il y a la mer
(蝶が大きく羽を広げていることも)
Des papillons un grand livre ouvert.
(そしたら、どこかにいると思うの)
Et toi là-bas quelque part,
(待っている誰かが)
Qui attends.


歌い方や歌詞が日本語版とはまた違っていて、どちらも素敵な歌です。
聞き比べてみると面白いかもですね。

借りぐらしのアリエッティジブリ作品なので、知っている方は多いかと思います。
手のひらサイズの小人の少女「アリエッティ」一家はとある人間の家の床下で借りぐらし(家のものをバレない程度に拝借して暮らす生活)をしていたのですが、ある時そこに療養のためやってきた「ショウ」に見つかってしまいます。
人間からすれば何も危害を加える気がないとしても、存在がバレてしまう事自体がアリエッティ達からすれば大ピンチです。そこから一家がどうなっていくのか、彼らの存在に気付いたショウが何をするのかが描かれています。

www.youtube.com


よくよく考えてみれば一軒家の中で起きているごく小規模な出来事で、登場人物もかなり少ないです。
しかしその分小人と人間の考え方や行動範囲の違いみたいなものがしっかり描写されているので、密度はある作品ですよ。

歌も素敵ですが内容も面白いので、観たことが無い方は今回を機に是非観ていただければ嬉しいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Arriettys Song

アニメ借りぐらしのアリエッティ