歌聴クブログ@遥

日本語以外の歌詞の歌を紹介するブログです

MAYDAY(炎炎ノ消防隊)

最近一気に寒くなりましたね。熱い寒いなら寒い方が苦手なので、ここからは辛い季節です(´・ω・`)
気分だけでも熱くなりたいので今回は炎炎ノ消防隊に使われていたMAYDAYを載せてみます。

www.youtube.com


ロック系でシャウト注意。でもカッコ良い歌ですよ。


(手に入れたものを持ち去って)
Take what you got and leave now
(お前はもう用済みだ)
You're wearing out your welcome
(誰もお前を見たくないし、声を聞きたくもない)
No one here wants to see you, hear you
(最初から勝ったと思ってるようだが)
Think that you've won from day one
(しかし、すぐに悪魔がやって来るぞ)
But soon the devil will come
(お前は彼が何故お前を探しているか、知っているか)
You know just why he wants you, don't you ?

(お前の歪んだ欲望は俺達を混乱させた)
Your crooked desire left us in disarray
(誤解を生み、分裂させ、戻ることのできない所までいかせた)
Misguided, divided, at the point of no return
(火をつけたのはお前だ、燃え上がるのを見ることになるぞ)
You started a fire, you're gonna watch it burn
(お前はいつものように自分だけ守ろうとするだろうがな)
Try to save yourself like you always do

(皆の手で作りあげた橋を)
Every bridge we build
(お前は自分のものとばかりに焼き、焼き払う)
You think it's yours to burn it down, just burn it down
(すべてが失われたその時は)
When everything is gone
(お前は俺達の声を聞くだけでよかったのだと思うだろう、俺達の声を)
You'll wish you only heard us out, heard us out
(メーデーと叫んでいる声に)
Screaming mayday
(メーデー)
Mayday

(まるで良いことしかしていないように振舞って)
Act like you've only done good
(不当な理由で誤解されるのだと)
Unfairly misunderstood
(被害者ヅラをして、それがお前だ、何が新しいんだよ)
Play the victim, it's so you, what's new ?
(嘘に嘘を重ねて)
Lie after lie after lie
(皆が罪の数を数えるのをやめてしまった)
We all stopped counting the crimes
(なぜ俺達がお前を信用できないか、お前は分かるか)
You know why we can't trust you, don't you ?

(お前の歪んだ欲望は俺達を混乱させた)
Your crooked desire left us in disarray
(誤解を生み、分裂させ、戻ることのできない所までいかせた)
Misguided, divided, at the point of no return
(火をつけたのはお前だ、燃え上がるのを見ることになるぞ)
You started a fire, you're gonna watch it burn
(お前はいつものように自分だけ守ろうとするだろうがな)
Try to save yourself like you always do

(皆の手で作りあげた橋を)
Every bridge we build
(お前は自分のものとばかりに焼き、焼き払う)
You think it's yours to burn it down, just burn it down
(すべてが失われたその時は)
When everything is gone
(お前は俺達の声を聞くだけでよかったのだと思うだろう、俺達の声を)
You'll wish you only heard us out, heard us out

(自分で自分自身の首を絞上げて)
Why don't you choke on yourself
(憎しみを飲み込んで、そのままただ行っちまえ)
Swallow the hate and just fucking go

(お前は自分自身と世界に火をつけた)
You set yourself, the world on fire
(立ち上がり、戦い、死んでいく)
Rising, fighting, dying
(どこにも逃げ場はない)
But there's nowhere to run
(なぜって、すべての橋は燃えた)
'Cause all of the bridges burned

(お前はただクソッタレな怪物だ)
All you are is a fucking monster
(歩く災害だ)
A walking disaster
(お前が触れたものは壊れ、殺される)
You touch it, you break it, you kill it
(治療法のない癌のようにして)
Just like a cureless cancer

(皆の手で作りあげた橋を)
Every bridge we build
(お前は自分のものとばかりに焼き)
You think it's yours to burn it down
(すべてが失われたその時は)
When everything is gone
(お前は俺達の声を聞くだけでよかったのだと思うだろう、俺達の声を)
You'll wish you only heard us out, heard us out
(皆の手で作りあげた橋を)
Every bridge we build
(お前は自分のものとばかりに焼き、焼き払う)
You think it's yours to burn it down, just burn it down
(すべてが失われたその時は)
When everything is gone
(お前は俺達の声を聞くだけでよかったのだと思うだろう、俺達の声を)
You'll wish you only heard us out, heard us out
(メーデーと叫んでいる声に)
Screaming mayday
(メーデー)
Mayday


炎炎ノ消防隊の世界では題名から想像する通り火を消す消防隊の話なのですが、この世界では燃えるものは建物だけではなくて、何故か「人」が突然ものすごい火力で燃えます。それはもう周囲の建物やら人やら全部巻き込むような火力で燃えます。
そういう燃える人、焔ビト(ほむらびと)を鎮魂するのが主人公を含んだ特殊消防隊です。

www.youtube.com



丁度今現在Youtubeで1~12話まで期間限定公開しているらしくて、ちょうど昨日見たついでに紹介してみました。
勢いがあって年齢問わず熱くなれる作品なので、知らない方はこの機会に是非一気観してみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


MAYDAY

アニメ炎炎ノ消防隊

Smell of the Game(GUILTY GEAR Xrd -STRIVE-)

今回は格闘ゲームGUILTY GEAR Xrd -STRIVE-のオープニングに使われているSmell of the Gameを載せてみます。
格闘ゲームは沢山ありますが、個人的には一番各キャラの見た目や演出が好みで買い漁っているシリーズだったりします。
ちなみに格ゲー好きの知り合い曰く「派手なエフェクトや必殺技の演出は格ゲーにはいらぬ!」らしいです('_')ナンデヤ...

www.youtube.com



カッコ良いですがメタル調なので、ちょっと音量注意かもです。
ちなみに公式和訳版も出ているのですが、直訳してみました。


(私は自分が誰なのかを知っている)
I know who I am
(月夜の湖が教えてくれた)
The moonlit lake told me
(これがお前の正体だ)
"This is who you are"
(俺の牙はとても長く)
My fangs are so long
(俺の爪は氷よりも鋭く)
My nails are sharper than ice
(これが俺だ)
That is me

(それが一体、何の証明になるんだ)
I wonder what that will prove ?

(そんなもん知るか)
That is bullshit !
(炎が燃えている)
Blazing !
(それでも俺の心は燃えている)
Still my heart is blazing !


(もし言葉に殺されるなら)
If the "words" killed me
(俺は新世界の秩序などいらない)
I dont need a new world order
(お前はじきに知ることになる)
You... soon you will know
(俺達はもうゲームの匂いを知っている)
We already know the smell of the game

(お前は自分自身のことが見えているのか)
Do you know who you are ?
(お前が言葉を話す時は)
When you speak your words
(お前の言葉ではないぞ)
Don't sound like your own
(お前は世界が作り出した暗黒の牢に閉じ込められている)
You're trapped in a dark cell created by this world

(それがお前の正体だ)
"That is who you are"

(規律、常識、決まり事、要綱をしっかりと守る)
Norms, standards, rules and guidelines must be kept
(そろそろ目を覚ます時間だ)
So time to wake up !
(重力が俺達を地上に縛り付けている)
Gravity keeps us on the ground

(そんなもん知るか)
That is bullshit !
(炎が燃えている)
Blazing !
(それでも俺の心は燃えている)
Still my heart is blazing !

(もし俺が翼を失うのなら)
If I lose my wings
(俺は新世界の秩序などいらない)
I dont need a new world order
(お前は感じることができない)
You can't feel a thing
(俺達はもうゲームの匂いを知っている)
We already know the smell of game

(思い出せ、お前は燃えている)
Remember you are blazing !
(お前の心はまだ燃えている)
Still your heart is blazing !
(もし言葉がお前を作るのなら)
If the "words" made you
(俺は新世界の秩序などいらない)
I dont need a new world order
(お前はじきに知ることになる)
You... soon you will know
(俺達はもうゲームの匂いを知っている)
We already know the smell of the game

(俺が何者なのか)
What am I ?

(男は社会を変えることはできないことを知っていた)
Mankind knew that they cannot change society
(だから、自分を省みず、代わりに獣達を責めた)
So instead of reflecting on themselves, they blamed the beasts
(しかし、彼らは獣の生き方に美しさを見出した)
But they found beauty in the lives of beasts
(そして、自分自身に嘘がつけなくなった)
And couldn't lie to themselves about it

(私は世界のほんの一部)
I'm just a small part of the world...
(だが、誰も私を破ることができない)
But no one could break me !!

(お前には俺が燃えているのが見えないのか)
Can't you see I'm blazing ?
(それでも俺の心は燃えている)
Still my heart is blazing
(もし言葉に殺されるなら)
If the "words" killed me
(俺は新世界の秩序などいらない)
I don't need a new world order

(お前は、俺の種族は、俺の世界だ)
You... my tribe is my world
(お前は言葉では俺を消すことなどできない)
Your "words" will never make me disappear

(そんなもん知るか)
That is bullshit !
(炎が燃えている)
Blazing !
(それでも俺の心は燃えている)
Still my heart is blazing !

(もし言葉に殺されるなら)
If the "words" killed me
(俺は新世界の秩序などいらない)
I don't need a new world order

(お前はじきに知ることになる)
You... soon you will know
(俺達は既に匂いを知っている)
We already know the smell of the
(匂いを知っている)
Know the smell of the
(匂いを知っている)
Know the smell of the
(ゲームの匂いを知っている)
Know the smell of the game


長い!でも書くの楽しかったです!

ギルティギアシリーズは3Dゲームが主流になる前の2D時代の頃からあるのですが、ずっと見た目に拘りを感じる格闘ゲームです。
今回紹介したXrd -STRIVE-は結構最近のゲームなのですが、3Dっぽく見えないように3Dを表現する技術が使われています。歴代ファンとしては雰囲気を変えないクオリティアップは嬉しい限りです。

www.youtube.com



紹介した通り、本作はプレイヤーとプレイヤー、またはプレイヤーとNPCで戦うことが基本となる格闘ゲームです。しかしギルティギアのキャラクターは見た目や技が違うだけではなく、それぞれに好き嫌いや今の状態になるまでの経緯とか、キャラに愛着が湧くような要素が沢山入っているので「キャラから格ゲーに入りたい」という方には是非オススメしたい作品です。
それぞれ個性的なので絶対推しキャラが見つかると思います。是非遊んでみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Smell of the Game

ゲームGUILTY GEAR Xrd -STRIVE-

銀河英雄伝説 Die Neue These(Binary Star)

今回は銀河英雄伝説 Die Neue TheseBinary Starを載せてみます。
Binary Starは「連星」という意味です。アニメに合った素敵な題名だと思います。

www.youtube.com


全体的に落ち着いていて聞きやすい歌なのですが、内容はすごくパワーのある歌だと思います。是非聴いてみてください。


(遠くにある愛らしい星が、私達には良く見える)
An adorable star we can see from afar
(しかし、そこに真実は見えていない)
But a truth it belies
(そこは入る者は拒まず、去る者は追わない)
All who enters her dies
(振り子が揺れるようにして羽音が聞こえる)
Hear the beating of wings as the pendulum swings
(そして、私たちはその終わりを信じることができない)
And we can’t believe it’s ever gonna end

(血は水よりも濃いということを知っているのでしょう)
You know blood is thicker than water
(ただ皆と仲良くしたい、それだけなのに)
But you just want everyone to get along

(暗闇のロウソクが)
For the candles in the darkness
(悲しみを燃やし尽くしても)
Burning up the sorrow
(悲しみに終わりはない)
There’s no end to sadness
(私たちは学べなかった)
We didn’t learn
(人々の傷ついた心を癒すため)
For the broken hearted people
(ダイヤモンドが私たちを包み込む)
Diamonds now surround us
(気が狂うような)
So out of our mind
(そんな過去は捨て去って)
Leave the past behind

(私たちの二つの心は)
We’re a binary heart
(互いに引き裂き合う)
Tear each other apart
(同じ一つの茎から成長した)
Growing from the same stem
(彼らは私たちで、私たちは彼らだった筈なのに)
They were us. We were them
(その道は衝突してしまう)
On a course to collide
(隠さないことが強さなのだろうか)
Is it strength not to hide ?
(友人でないのなら、政治で決めることにして)
Let the politics decide you’re not a friend

(血は水よりも濃いということを知っているのでしょう)
You know blood is thicker than water
(ただ皆と仲良くしたい、それだけなのに)
But you just want everyone to get along
(暗闇のロウソクが)
For the candles in the darkness
(悲しみを燃やし尽くしても)
Burning up the sorrow
(悲しみに終わりはない)
There’s no end to sadness

(連なっている)
Binary
(その遠心力は)
A centrifugal force
(私たちを遠くへ押しやる)
Pushing us far away
(それは私たちの永遠)
That’s our eternity
(連なっている)
Binary
(私たちはこの力から逃れることはできない)
We can’t escape the force
(私たちを押さえつける)
Crushing us
(重力は私たちの永遠)
Gravity is our eternity

(暗闇のロウソクが)
For the candles in the darkness
(悲しみを燃やし尽くしても)
Burning up the sorrow
(悲しみに終わりはない)
There’s no end to sadness
(私たちは学べなかった)
We didn’t learn
(人々の傷ついた心を癒すため)
For the broken hearted people
(ダイヤモンドが私たちを包み込む)
Diamonds now surround us
(気が狂うような)
So out of our mind
(そんな過去は捨て去って)
Leave the past behind

(連なっている)
Binary
(その遠心力は)
A centrifugal force
(私たちを遠くへ押しやる)
Pushing us far away
(それは私たちの永遠)
That’s our eternity
(連なっている)
Binary


銀河英雄伝説はちょっと政治的な会話が多めなアニメなので、集中して見ていかないと途中から「なんのこっちゃ?」になるかもしれないです。
タイトルからお察しの通り、宇宙やその中で起きていく争いをテーマにした小説をアニメ化した作品で、作中では帝国軍と同盟軍の2つの陣営が互いに宇宙をかけて戦っています。

www.youtube.com


そんな世界の中に現れた帝国軍の「ラインハルト」と同盟軍の「ヤン」という二人の天才と、彼らによって変わっていく戦況が見どころになってくる作品なのですが、
宇宙戦争というとまずガンダムが浮かぶ方が多いと思うのですが、こちらも本当に面白い作品です。メカのカッコ良さではなく人のカッコ良さや人同士の考え方の違いなどが見たい方には特にオススメしたい内容です。

あまり明るい作品ではないのですが、物語の外側から見ている視聴者として思う部分が多い良作なので、是非観てみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Binary Star

www.sawanohiroyuki.com

アニメ銀河英雄伝説 Die Neue These

gineiden-anime.com

小説銀河英雄伝説

The Moment of love(巷説百物語)

今回は巷説百物語The Moment of loveを載せてみます。
しっとり系の大人っぽい歌です。
●¥

www.youtube.com


日本の妖怪モノ作品が好きな方には結構知られている小説のアニメ版なのですが、オープニングもエンディングもまさかの英語。しかし絵や雰囲気が大人っぽいので結構違和感のない歌だったりします。


(そよ風すらも感じない)
Though there's not a hint of a breeze
(庭の散歩道で月明かりが舞い)
Moonlight dancing on the garden walk
(木々の間をゆるやかに漂う)
As it gently dently drifts through the trees

(ロマンス一色に包まれたこの素晴らしき夜)
Romance take flight on this perfect night
(世界中が眠りについている間)
While all of the world lay sleeping
(私達はこの場に、愛のひとときを感じながら)
Find us here as we feel the moment of love
(距離を寄せる)
Draw near

(あなたの手を包みながら夢見る)
Dream sleep with your hand in mine
(星々の空の下)
Undewneath a blanket of stars
(遠くの木立から鳥たちのさえずりの歌が聞こえる)
Song birds singing in a distant glade
(私達は夜明けの暖かさを分かち合う)
As we share the warmth of the dawn

(ロマンス一色に包まれたこの素晴らしき夜)
Romance take flight on this perfect night
(世界中が眠りについている間)
While all of the world lay sleeping
(私達はこの場に、愛のひとときを感じながら)
Find us here as we feel the moment of love
(距離を寄せる)
Draw near

(あなたの手を包みながら夢見る)
Dream sleep with your hand in mine
(星々の空の下)
Undewneath a blanket of stars
(遠くの木立から鳥たちのさえずりの歌が聞こえる)
Song birds singing in a distant glade
(私達は夜明けの暖かさを分かち合う)
As we share the warmth of the dawn


巷説百物語はざっくり言うと「大人向けゲゲゲの鬼太郎」や「人間ドラマ多めなモノノ怪」のような作品です。
毎話ごとに違う場所で起きる妖怪話と、それに関わる主人公、主人公の前に現れる謎の3人組をメインに話が進んでいくような作品で、
毎回妖怪話の根っこにあるのが人間同士の暗い事情という、スッキリしない話ばかりです。明るい話が好きな方はちょっと注意。

ただ改めて考えてみると、「妖怪」という存在自体が人が何かの噂や得体の知れない出来事から作り出したものですし、個人的にはすごく妖怪らしい雰囲気が出ている作品だと思います。
話は1~3話なら公式チャンネルから見られるので、暗めな話が大丈夫な方は是非観てみてください。

www.youtube.com


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


The Moment of love

アニメ巷説百物語

小説巷説百物語

Life Will Change(ペルソナ5)

今回はペルソナ5Life Will Changeを載せさせていただきます。
5は怪盗団がテーマになっているので全体的にカッコ良い歌が多いです。

www.youtube.com


ペルソナの歌は作中のキャラの心境などを歌った歌詞が多いので、実は歌詞を見るとだいぶネタバレになっちゃうものが多いです。
なのでもしこれからペルソナ5をプレイする予定がある方はご注意くださいね。


(これはゲームではない)
It's not a game
(俺はロボットAIではなく、お前に挑んでいる)
I'm not a robot AI challenging you
(俺はファントムではない)
I'm not a phantom
(俺はお前の眼前にいて)
I'm in your face and
(お前のソレ見届けるためにここにいる)
I'm here to see it through
(お前の目の前で)
Right before your eyes
(俺達の力が増幅していく様子を見るが良い)
Watch us multiply
(俺達は正義を主張するためやってきた-今こそ)
Come to claim our rights - it's time

(俺達の力が大きくなるにつれ)
As our power grows
(俺達のショーを止めようとする者が現れる)
Tryin' to stop us shows
(時間を止めようとしているようなものだ)
Might as well go try'n stop time

(そう、俺達がそこにいることは知っている筈だ)
So you know that we're out there
(嘘の通報だということは分かってる)
Swatting lies in the making
(壊さなければ好きに動くこともできない)
Can't move fast without breaking
(しがみつかなければ人生は変わらない)
Can't hold on or life won't change

(そして俺達の声が響く)
And our voices ring out, yeah
(仮面を外し、自由を感じ)
Took the mask off to feel free
(戦い続けた瓦礫の中で思う)
Fought it out in the debris
(今、俺達は知っている、人生は変わるのだと)
Now we know that life will change

(悔しくても投げやりになるな)
Ain't it a shame
(俺はお前の腐敗した心の産物ではない)
I'm not a figment of your ailing old mind
(俺は確かに、現実の存在だ)
I'm just as real as
(俺は確かに、危険な存在だ)
I'm just as dangerous
(お前のように、だから、お前が見つけることを知っている)
As you, so know you'll find

(自ら招いた災難だ)
A taste of your own meds
(吐く息には炎が宿り)
Fire in every breath
(お前の頭、心の中で燃えている)
Fire inside your head, your heart

(お前のうまく働いていない脳で)
And as your crippled brain
(無駄な抵抗でもしてみるが良い)
Tries to fight in vain
(お前の帝国は崩壊する)
Your empire will fall apart

(そして、俺達がそこにいたことを知るだろう)
And you'll know we were out there
(嘘の通報をしても無駄だ)
Swatted lies in the making
(お前の帝国は奪ってやったぞ)
Your empire for the taking
(しがみつかなければ人生は変わらない)
Can't hold on or life won't change

(そして俺達の声がここに響いた)
And our voices rang out, here
(仮面を外し、自由を感じ)
Took the mask off to feel free
(戦い続けた瓦礫の中で思う)
Fought it out in the debris
(今、俺達は知っている、人生は変わるのだと)
Now we know that life will change


ペルソナシリーズの主人公たちはみんな心の中に「もう一人の自分」を持っています。それを具現化させて戦うゲームなのですが、特に5は今までのシリーズと比べて色々な部分がしっかり作られているので個人的にオススメゲームです。

www.youtube.com


ちなみにペルソナシリーズ3、4、5はアニメ化されていて、流石にゲーム中の細かい部分やお楽しみ要素などは省かれていますが忠実に描かれているので、アニメ版もオススメです。

シリーズの繋がり過去作をやっていると嬉しくなるような気付き要素がある程度なので、単品でもしっかり楽しめます。
是非遊んでみていただけると嬉しいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Life Will Change

ゲームペルソナ5

アニメペルソナ5

 

A secret of the moon(プラネテス)

今回はアニメプラネテスの作中に流れていたA secret of the moonを載せてみます。
個人的にとても好きなアニメなのですが、内容だけでなく歌も頭に残る歌ばかりの作品です。

www.youtube.com


なんというかふんわりした歌ですね。
この歌を聞きながら宇宙空間で地球の夜明けとか見てみたい感じの裏です。


(私が月に願いをかける時は)
When I wish upon the moon
(とても深い夢のこと)
Deepest dreams...
(愛のまたたきで)
A spark of love
(愛が空に飛び)
Leaps in the sky
(あなたのいる世界へ連れて行って)
Take me into your world

(私が月に願いをかける時は)
When I wish upon the moon
(願いは実現する)
Dreams come true
(私はその日を祝う)
I bless the day
(あなたが私を見つけた時)
You found me
(私は常にあなたと一緒)
I'll always stay with you

(月に隠された秘密)
A secret of the moon
(私をあなたの道を照らす太陽にして)
Let me be the sun that lights up your way
(私はあなたのために生きていて)
I live for you
(私はあなたのために生きていく)
I'll live for you


プラネテスは近未来系のアニメで、主人公は「宇宙のゴミ」を回収する会社員として生活しています。
それだけ聞くとなんか地味な印象を受けるかと思いますが、というか実際やっている仕事内容は地味なのですが、しかし今現在の地球でも宇宙ゴミは問題になっていて、もし将来人類が宇宙に進出するようになった時は確実に障害となる大事な話です。

www.youtube.com


他にももし人々が宇宙で暮らすようになったらどのような問題が出てくるか、宇宙の怖さの部分をすごく考えさせられる素晴らしいアニメだと思います。
あくまでも現実的な話なので派手なバトルとかは一切無いのですが、ヒューマンドラマとしても未来のことを考える啓蒙としても良い作品ですので、是非色々な方に知っていただければなと思うアニメです。是非観てみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考


A secret of the moon

 

アニメプラネテス

Winter sleep(NANA)

今回はNANAのエンディングに歌われていたWinter sleepを載せてみます。
このアニメのOPとEDは全て作中のキャラが歌っていて、この曲はレイラというキャラが歌っている歌です。

www.youtube.com


静かでゆっくりした曲なので聴いていて落ち着く系の歌です。
歌詞内容は女性的で、レイラというキャラの「らしさ」みたいなものが感じられる歌だと思います。


(それは私に帰ってきてしまう)
It keeps coming back to me
(私はこの痛みを覚えている)
I remember this pain
(私の目の前に広がるのは)
It spreads across my eyes
(全てが退屈なもの)
Everything is dull

(みんなニコニコして、笑顔のまま)
Everyone's smiling, they re smiling
(それで私を遠くへ押しやるの)
It pushes me far far away
(理解できない)
I can't understand
(全てが沈んでいる)
Everything is blue
(そこに私の声は届いているのかな)
Can you hear me out there ?

(あなたなら今すぐ私を抱きしめてくれるのかな、私を、今)
Will you hold me now? Hold me now ?
(私の凍りついた心を)
My frozen heart
(私は遠くから眺めていると)
I'm gazing from the distance and
(私はすべての物事が私を通り過ぎていくように感じるの)
I feel everything pass through me
(今の私は一人じゃ駄目なの)
I can't be alone right now

(あなたなら今すぐ私を抱きしめてくれるのかな、私を、今)
Will you hold me now? Hold me now ?
(私の凍りついた心を)
My frozen heart
(私は冬の深い眠りの中にいて)
I'm lost in a deep winter sleep
(一人では出口を見つけられそうにない)
I can't seem to find my way out alone
(あなたは私を起こしてくれるのかな)
Can you wake me

(私はそれを受け入れた時に学んだの)
I know when I let it in
(この瞬間から愛を隠してしまったの)
It hides love from this moment
(だから、私は直ぐ傍で見守るわ)
So I guard it close
(私はその動きを観察していたけど)
I watch the moves it makes
(でも、それは私を捉えて、離さない)
But it gets me, But it gets me

(私は、私がどのように理解することを願っているのか)
I wish I could understand how I
(消し去ってしまえば、消し去ることができれば)
Could make it disappear, make it disappear
(誰か、私の声が聞こえている人はいないの)
Anyone out there hear me now ?

(あなたなら今すぐ私を抱きしめてくれるのかな、私を、今)
Will you hold me now? Hold me now ?
(私の凍りついた心を)
My frozen heart
(私の唇にキスをして、今なら私をあなたの世界に連れていけるかも)
Kiss my lips and maybe you can take me to your world for now
(今の私は一人じゃ駄目なの)
I can't be alone right now

(あなたなら今すぐ私を抱きしめてくれるのかな、私を、今)
Will you hold me now? Hold me now ?
(私の凍りついた心を)
My frozen heart
(お願いだから、全部消してしまってよ)
Please make it all go away
(再び自分を感じることなんてできるのかな、私が)
Am I ever gonna feel myself again ?
(そう思いたいけど)
I hope I will

(あなたなら今すぐ私を抱きしめてくれるのかな、私を、今)
Will you hold me now? Hold me now ?
(私の凍りついた心を)
My frozen heart
(私は遠くから眺めていると)
I'm gazing from the distance and
(私はすべての物事が私を通り過ぎていくように感じるの)
I feel everything pass through me
(今の私は一人じゃ駄目なの)
I can't be alone right now

(あなたなら今すぐ私を抱きしめてくれるのかな、私を、今)
Will you hold me now? Hold me now ?
(私の凍りついた心を)
My frozen heart
(私は冬の深い眠りの中にいて)
I'm lost in a deep winter sleep
(一人では出口を見つけられそうにない)
I can't seem to find my way out alone
(あなたは私を起こしてくれるのかな)
Can you wake me


NANAは完結済みの漫画をアニメ化したもので、内容は漫画に忠実です。実写映画版もあるのですが、アニメ版の方が原作再現率は高いです。(ドロドロ関係までそっくりそのまま)
世界観はファンタジー要素などは全く無い現代日本そのもので、歌手のナナと凡人のナナの二人の「ナナ」という人物の周囲の出来事や人間関係を描いた作品です。
今回の歌を歌っているレイラというのも凡人ナナが大好きなバンドのボーカルで、物語が進むとそのメンバーとの関わり合いも増えていきます。

結構人間関係の裏切り行為的な展開も多めな作品なのですが、面白い作品です。
特にアニメ版は個人的に一番オススメなので、興味がある方は是非観てみていただければ幸いです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考


Winter sleep

アニメNANA

漫画NANA

映画NANA