歌聴クブログ@遥

日本語以外の歌詞の歌を紹介するブログです

不可逆リプレイス(信長協奏曲)

今回は信長協奏曲のオープニングに歌われていた不可逆リプレイスを紹介させていただきます。
最近歴史の偉人関わるようなアニメにハマって観ているのですが、その中でも特にカッコ良い歌でした。

www.youtube.com


歌は英語と日本語のミックスです。ロック系なのですが、是非聴いてみてください。


(孤独の中で目を開け)
Wake in Loneliness !! Loneliness !!
(キミのストーリーの中に落ちてく)
Falling inside your story
(キミの後をついていく)
Walking after you !! after you !!
(僕の時間を共有したいから)
I will share my time

迷い込んだ世界で僕の影と重なって今
(戻ることはできない)
I can't go back
決定的「僕」の証明は時代を今超えて物語る
(キミは分かっている)
You know
(僕はこの日より、新時代の者となる)
I will be the brand new age yeah from this day !!

(僕を守るのは僕自身)
I will save myself 
(そして、時が来た)
And the time is now!!

(弱い部分は切り捨てろ)
Kill my Weakness !! Weakness !!
必ず 越えて 泣いて 去って
(そして、僕は生きのび続ける)
And I stay alive !! stay alive !!
最後を信じたくはなくて
(弱い部分は切り捨てろ)
Kill my Weakness !! Weakness !!
いつか気付いたとしても
(僕は自身を残す、生きている証を)
I will prove myself that I have lived today
(はじめようか)
Starting Now !!

変わり果てた景色で自らの運命知ってまた
(僕たちはやめられない)
We'll carry on !!
絶対的「僕」の存在は形を変え今響き渡る
(キミは分かっている)
You know
(僕はこの日より、新時代の者となる)
I will be the brand new age yeah from this day !!

(孤独の中目を開けて)
Wake in Loneliness !! Loneliness !!
いつかは 絶えて消して散って
(キミの後をついていく)
Walking after you!! after you!!
どうなったって悔いはなくて
(孤独の中で目を開け)
Wake in Loneliness !! Loneliness !!
もう理由なんか無くていいの
(僕は自身を残す、生きている証を)
I will prove myself that I have lived today
(はじめようか)
Starting Now !!

(理由は知らない)
I don't know why 
(しかしキミは僕を生かした)
But you saved me
(キミがどこから来たのかは関係無い)
Wherever you came from 
(感じる、キミの中に僕がいることを)
Feel you inside me
(手遅れなのかもしれない)
Maybe it's too late 
(でも決めた)
I've decided to
(キミのためだけに生きようと)
live only for you

(僕はキミについていく)
I will follow you ! follow you !
(もしキミのため死ぬことになろうと)
If I die for you
(僕がキミを導こう)
I will lead you ! lead you ! 
(輝く未来へと)
For the brighter future
(だから、いなくならないで)
Never fade away ! fade away !
(ずっと近くにいて)
Keep you close to me ! close to me !

何年経っても待っても
失くさぬ様に抱きかかえた
ずっと哀しくて虚しくて 
もう先なんてないから

(弱い部分は切り捨てろ)
Kill my Weakness !! Weakness !!
必ず 越えて 泣いて 去って
(そして生き続ける)
And I stay alive !! stay alive !!
最後を信じたくはなくて

(弱い部分は切り捨てろ)
Kill my Weakness !! Weakness !!
いつか気付いたとしても
(僕は自身を残す、生きている証を)
I will prove myself that I have lived today
(はじめようか)
Starting Now !!


信長協奏曲現代社会で生きていた少年「サブロー」が信長が生きている世界にトリップしてしまい、信長の身代わりになるという作品です。
「信長がどこかにトリップして何かをする~」ではなないです。

www.youtube.com


サブローは元々が現代人のため本能寺のことも含めて「信長の歴史」をある程度は知っています。
なるべく歴史になぞって代わりを務めようとするのですが、勿論本物の信長とは能力も考え方も色々違うので・・・という感じの作品です。
織田信長という人物はゲームでもアニメでもよく見かける人物ですが、この作品の信長(身代わり)はよくある織田信長のイメージとは大分かけ離れた感じで、素敵な作品だと思います。

実写ドラマ化もしている作品で、私は実は最近までドラマ版しか知らなかったです。どちらも面白いので、是非観てみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


不可逆リプレイス

アニメ信長協奏曲

ドラマ信長協奏曲

Orphan(BRAIN POWERD)

今回はBRAIN POWERDOrphanを載せたいと思います。
題名のオルフェンは「みなしご」のような意味の言葉ですが、歌詞は造語でその意味は不明です。

www.youtube.com


なんというか、お祭りや嬉しい行事ではない時の教会で聞こえてきそうな印象を受けるような歌ですが、どのような意味が込められているのでしょうね。


(オ ア ィ キィ リ)
o ah ki li
(メ ティェ ロス)
me thie us
(ノィ ア アァ ヴィス シェン トゥン)
noe ah vis chen tuh
(ア メィ イ ィエ テ ェ ロス)
ah ii yee me te rus
(ノ ア ミ デェ ロス ベ フェ)
no ah mi de us be fe
(ゥア アァ タ イフィ ィエ ロス)
ua ah tah i fy ye rus
(ア ミィ ィ ィエ)
ah ii yee
(メ テ ロス)
me tre rus


ブレンパワードガンダムで有名な冨野監督の作品の一つで、冨野監督の作品を知っている方は「結構死者が出る」というイメージを持っていることも多いかと思います。
しかしこのブレンパワードや、同じくらいの時期に作られたリーンの翼キングゲイナーは、冨野監督の作品なのに平和です。
冨野監督の作品が好きであれば是非知ってほしい3シリーズです。

www.youtube.com


20年以上前の作品なのですが、つい最近ブルーレイ化しました。
今見返しても面白い作品なので、興味があれば是非観ていただければなと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Orphan

アニメBRAIN POWERD

Ring A Bell(Tales of Vesperia)

今回はTales of VesperiaRing A Bellの英語版を見つけたので、そちらを和訳してみます。元のゲーム版では日本語で歌われています。

www.youtube.com


テイルズに使用されている歌は印象的な歌が多いので、CDを先に買うことも多い私です。今回もCDから先に買って現在PC版を遊んでいます。


(誰も踏み入れていない世界へ手を伸ばす)
Reaching up for no man's land
(掟を破って、チャンスを掴む)
To take a breath and take a chance
(俺は千夜を歩く、世界を変えるため)
I walk a thousand nights to change the world
(どこへ行くのか、いつ立ち止まるのか)
Where to go ? When to stop ?
(誰を信じるのか、何を口にするのか)
Who to trust ? What to say ?
(全てを手に入れた、あとは共有する人がいればいい)
I found them all, just need someone to share

(今はみんなと毎日、夕暮れの中)
It's now in the dusk every day to everyone
(強くはない、決して強くはない)
Ain't so strong, I ain't so strong to go
(それも一つの暮らし方として生きていく)
Living in life as it's not the way to live
(お前に聞いてほしい、俺が 一緒にいてほしい って言うのを)
I wish you could hear me say that I miss you

(何故俺達は背中を向け合っていたのか)
Why were we there back to back ?
(何故俺達はいがみあっていたのか)
Why were we there face to face ?
(俺は光でなければならない、お前が闇であるのなら)
I must be the light when you're in the dark
(もしお前がどこかで俺をを見失って涙を流していたら)
If you lose me somewhere, and your tears are in the air
(俺がお前の側にいるって感じるまで鐘を鳴らそう)
I will ring a bell until you feel me by your side

(空を見上げながら理由を探している)
Looking up into the sky, looking for the reason
(何故俺はここにいるのか、お前はここにいられないのかを)
Why I'm here, and why you can't be here
(誰が憎んでいるか、誰が非難するのか)
Who's to hate ? Who's to blame ?
(誰が傷つけるのか、誰が愛されるのか)
Who's to hurt ? Who's to love ?
(一体誰が決めるのか、何故俺達は同じになれないのか)
Who decides ? Why we can't we be the same ?

(孤独な道を歩いていることを信じてみて)
Try to believe walking down the lonesome road
(遠くない、俺とお前はそう遠くない)
Ain't so far, I ain't so far from you
(お前が孤独であることを続けるのであれば)
Staying the way you are, means solitude
(お前がいてくれたら俺の恐怖は振り払われるのにな)
I wish you were here and shook off my fear

(何故俺達は背中を向け合っていたのか)
Why were we there back to back ?
(何故俺達はいがみあっていたのか)
Why were we there face to face ?
(俺は光でなければならない、お前が闇であるのなら)
I must be the light when you're in the dark
(もしもどこかで俺がお前を見失い、俺がまだそこにいたら)
If I lose you somewhere, and I'm still hanging in there
(俺がお前の側にいるって感じるまで鐘を鳴らそう)
I will ring a bell until you feel me by your side

(あまりにも長い間、何をごちゃまぜにしている)
What has been in the mix too long ?
(戦いの中にだって平和はある)
There's the peace when you're at war
(頭か尻尾か、お前と俺)
Heads or tails, you and I
(光と闇、天と地)
Light and dark, ups and downs
(単なる指針に過ぎないそれに何の意味がある)
What has been in the mere goal ?
(俺達を隔てるものは何だ)
What's there to divide us ?
(もしお前が傷ついているなら、泣きながら心の強さを叫べ)
If you're hurt, cry and say can't you see your might of the heart

(何故俺達は背中を向け合っていたのか)
Why were we there back to back ?
(何故俺達はいがみあっていたのか)
Why were we there face to face ?
(俺は光でなければならない、お前が闇であるのなら)
I must be the light when you're in the dark
(もしお前がどこかで俺をを見失って涙を流していたら)
If you lose me somewhere, and your tears are in the air
(俺がお前の側にいるって感じるまで鐘を鳴らそう)
I will ring a bell until you feel me by your side


ゲームをあまり知らない方でも「テイルズ」と言うと聞いたことがある方も多いかもしれませんね。有名なシリーズ作品です。
ヴェスペリアはその中でも人気作で、数年前にリマスタリーも発売されています。

www.youtube.com



内容は・・・実は現在進行形で進めている最中なのであまり詳しくは分からないのですが、最近のゲームではあまり感じなくなってしまった「冒険している」感がすごくある作品だと思います。
私はテイルズシリーズは有名どころしか遊んでいないのですが、ファンが多いのはこのあたりが理由なのでしょうか。すごくRPGらしいRPGです。

リマスタリーが出たこともあり、据え置きやPC版も発売されているゲームです。RPG好きならまず嫌いになる人はいない内容だと思いますので、プレイ環境があれば是非遊んでみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Ring A Bell

ゲームTales of Vesperia

Pantalea~散夜花影~

今回は古本屋で買ったCDの中に入っていた歌が個人的にすごく気に入ったので、その中の1つを紹介させていただきます。
Pantalea~散夜花影~という歌で、同じメロディーで日本語歌詞の「Pantalea」という歌があるのですが、それが造語版になった方の歌です。

www.youtube.com


元々知っていた日本語版の方も好きだったのですが、こちらはまた違う印象を受けるかと思います。
是非2つとも聴き比べしていただけると嬉しいです。


パンタレイア パンタレイア

クランナ フォ ティナ ム ァ レスリア アルディマ
クァ カ トゥズィ ウ マ ディア
テクス マ リ マァ カスタリヤ
ピ ピ ラ トゥ マァ レス コモリヤ

フォン ガラマ フォン グリマ ケレマスティン イェ ヤ
コン コリ ディ ヤ ファンガ ギヨ ミ
ファ トゥリヤ ム トゥリイェ エリエリ ムスカ
アダマンティ イェ ヨ モンモ ディエ 

グランディ マ グランディ マネ ファン デリヨ
オン ムケ ディ レ ムィ ワ ジェ 
ヌ シェマ ヌィド ランゲ リグ サンラ ディヤ
タ クェラ ミ ディマノ ウ トゥリヤ

パンタレイヤ ウ ク ストゥ リワ
カレア レィヤ アラゲィ ミスティア
パンタレイヤ ケスタ マ ゲスタ
アレア モゥスティ マティミヤ ハ ワ ティワ

カ ファマ ディ オ カファ ルミィ
イェティ スィファ イェティ ウェティ
トゥトゥ リゼ エ ロ トゥマ
フラ ソゥマ ハル ティマ

アルマ ティガ アルマ ティガ エラ
ナトゥリカ タタク イ ェタ
エ モン ティメ モンマ ティ イィラ
チェゾ ウィジャ ハルティ クム ィエ

クァタリカ タタリエ クルガンダ リ ジェ
アルガンディ エラ ラクリ モ デリ
ロンロ ラヌン ファンロ ラナン クルゲンラ エディ
ピィジィ エ マルティ ジェン ラ ミア

グランディマ グランディ マネ ファンドゥ リヨ
オ ム ケ ディ レ ムィ ワジェ 
ヌ シェマ ヌィ ドゥランゲ リグ サンラディヤ
セ トゥリ キ バデリ ファンディ マリヤ

パンタレイヤ ティ エンジャ デ マ
トルカ パラティ チェレファ ディ ニ デア
パンタレイヤ オルマティ ィヤ 
カファマ マルティ マルケ シティヤ

パンタレイヤ ウク ストゥ リワ
カレア レイヤ アラゲ ィ ミスティア
パンタレイヤ ケスタ マ ケスタ
アレア モルスティ マルティ ミヤ ハ ワ ティワ


Pantalea~散夜花影~は偶然発見した志方あきこさんの2010年コンサートCDから見つけたのですが、日本語版は普通に売られています。うみねこのなく頃にというアニメに少し出てきた歌の白夢の繭という名前のCDの中に入っています。

www.youtube.com


志方あきこさんはひぐらしのなく頃にうみねこのなく頃に、他にもアルトネリコなどアニメやゲームの歌を知っている方になら結構有名な歌手さんだと思います。一度聴いたら忘れられない独特な歌ばかり歌う方です。
今回は偶然発見したテンションで載せましたがそれ以外にも沢山良い歌があるので、次回以降にそちらも紹介できればなと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Pantalea

 

βίος(GUILTY CROWN)

今回はGUILTY CROWNβίοςを訳してみようと思います。
一時期店頭で目立っていた作品や歌なので「見たことある絵だな」という方も結構いるかもしれませんね。

www.youtube.com


歌詞はドイツ語と英語のミックスです。カッコ良い系です。


(廃墟となった街は今も尚美しい) 
Die Ruinenstadt ist immer noch schön
(私はあなたの帰りを長い間待っている)
Ich warte lange Zeit auf deine Rückkehr
(手の中に勿忘草を持って)
In der Hand ein Vergissmeinnicht 

(それはまるで鳥かごの中の鳥)
It might be just like a bird in the cage
(どうすればあなたの心に届くのだろう)
How could I reach to your heart
(あなたには誰よりも強くなって欲しい)
I need you to be stronger than anyone
(私は自身の魂を解放し、あなたに私の歌を感じさせる)
I release my soul so you feel my song

(雨の粒は信頼)
Regentrofen sind meine Trauen
(風は私の呼吸、私の物語)
Wind ist mein Atem und mein Erzahlung
(枝葉は私の手)
Zweige und Blatter sind meine Hande
(私の体は根に包まれている)
Denn mein Körper ist in Wurzeln gehullt
(目覚めれば歌を歌いだす)
Werde ich wach und singe ein Lied
(あなたがくれた勿忘草は、ここに)
Das Vergissmeinnicht, das du mir gegeben hast, ist hier 

(まだ覚えていますか)
Erinnerst du dich noch ?
(あなたが私にくれた言葉を、まだ覚えていますか)
Erinnerst du dich noch an dein Wort,das du mir gegeben hast ?
(まだ覚えていますか)
Erinnerst du dich noch ?
(まだ覚えていますか)
Erinnerst du dich noch ?
(あなたが私にくれた日を)
An den Tag, an dem du mir…? 

(勿忘草の季節になると、私は歌を歌う)
Wenn die Jahreszeit des Vergissmeinnichts kommt, singe ich ein Lied
(勿忘草の季節になると、私はあなたを呼ぶ)
Wenn die Jahreszeit des Vergissmeinnichts kommt,rufe ich dich

(まだ覚えていますか)
Erinnerst du dich noch ?
(あなたが私にくれた言葉を、まだ覚えていますか)
Erinnerst du dich noch an dein Wort,das du mir gegeben hast ?
(まだ覚えていますか)
Erinnerst du dich noch ?
(まだ覚えていますか)
Erinnerst du dich noch ?
(あなたが私にくれた日を)
An den Tag, an dem du mir…? 

(それが問題の全貌なのかもしれない、あなたを変えることが)
It could be the whole of the problem change your body
(あなたには誰よりも強くなって欲しい)
I need you to be stronger than anyone
(私は自身の魂を解放し、あなたに私の呼吸を感じさせる)
I release my soul so you feel my breath
(私の鼓動を感じて)
Feel my move

(雨の粒は信頼)
Regentrofen sind meine Trauen
(風は私の呼吸、私の物語)
Wind ist mein Atem und mein Erzahlung
(枝葉は私の手)
Zweige und Blatter sind meine Hande
(私の体は根に包まれている)
Denn mein Körper ist in Wurzeln gehullt

(雪解けの季節になると、私は目を覚まして歌を歌う)
Wenn die Jahreszeit des Tauens kommt,werde ich wach und singe ein Lied
(あなたがくれた勿忘草は、ここに)
Das Vergissmeinnicht, das du mir gegeben hast, ist hier 


ギルティクラウンはなんというか、厨二心を詰め込んだような作品だと思います。
ジャンル的には少年少女の恋愛×バトルアニメという感じで、主人公は人の体からヴォイドと呼ばれる武器を取り出して戦いながら精神的に成長していくような内容になります。

www.youtube.com


丁度10代前半くらいの時期にこのアニメを観たらきっと厨二に目覚めてしまう、そんな感じの作品です。
10年くらい前の作品なのですが絵柄は今見ても綺麗で、そこまで飛び抜けた新鮮さは無いかもですが少年心をくすぐる設定が満載の作品だと思います。
歌もカッコ良いので興味が湧いたら是非観て聴いていただければ嬉しいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


βίος

GUILTY CROWN COMPLETE SOUNDTRACK

GUILTY CROWN COMPLETE SOUNDTRACK

  • アーティスト:GUILTY CROWN
  • Spe ビジュアルワークス
Amazon

アニメGUILTY CROWN

NEXUS(プロメア)

本日はプロメアに使われていたNEXUSを翻訳させていただきます。
グレンラガンキルラキルなどの作品を知っている方にはイチオシのアニメ&歌です。

www.youtube.com


熱いアニメに合う熱い歌詞なので、是非聴くだけでなく内容も知っていただければと思います。


(そこは地球上の闘争や災い全てが集まる点)
The point of all The fighting and trouble on the Earth
(因果)
The nexus
(お前は話されたことを信用してはいけない)
You can’t believe in what you hear
(地球上の闘争や災い全てが集まる点)
Point of all The fighting and trouble on the Earth
(因果)
The nexus
(お前は話されたことを信用してはいけない)
You can’t believe in what you hear

(太陽は見られない)
Never see the sun
(同じようにはならない)
Never be the same
(俺にはお前が涙を浮かべる様が目に浮かぶ)
I can see your tears inside
(引き裂かれた空は雨を殺した)
Torn up skies have killed the rain
(俺たちは失う宿命なのだろうか)
Are we born to lose ?
(俺たちは挑戦すべきなのだろうか)
Should we even try ?
(俺たちは選ぶことができるのだろうか)
Are we gonna get to choose
(誰が生き、誰が死ぬのかを)
who will live and who will die ?

(嫌いだ)
Hate
(俺を盲目にする、お前の愛が)
Blinding me, and your love,
(ヤツの事を話している時のお前は)
when you’re talkin’ about him,
(まるで壊れたレコードみたいな雑音だ)
sound just like a broke’ record !
(それには理由がある)
There’s a reason why
(汚れた秘密を抱えてる)
Holdin’ dirty secrets
(あなたはどこで力を得ているのか)
Where you’re gettin’ your power
(私のいとこを犠牲にしている)
Sacrificin’ my cousin !
(これからどうするんだ)
What’s it gonna be ?

(俺は炎から出てくるってか)
Do I come from the fire ?
(俺たちは戻ってくるぜ、オゥイェ)
We’re going back, oh yeah !
(だから俺との時間をもっと大切にしてくれ)
So spend some time with me
(俺はお前の会社が大好きだ)
I really like your company
(俺達はそんなに違う部分は無い)
We’re not so different
(裏を返せばどうってことはない)
Flip the coin it doesn’t matter
(そして、もし俺たちが生き残れなければ)
And if we don’t survive
(嘘っぱちの人生なんて、死んだほうがマシだってんだ)
I’d rather die than live a lie

(花が咲くのを見られない)
Never see the bloom
(遊ぶことなんてない)
Never see the game
(俺にはお前が涙を浮かべる様が目に浮かぶ)
I can see your tears inside
(深い痛みに耐え続け)
Hanging on the deepest pain
(そうだ、二人とも傷だらけだ)
Yeah, we both are bruised
(彼がいたからこそ)
He’s the reason why
(彼に決断を委ねるのか)
Are we gonna let him choose ?
(俺とおまえは繋がっている)
We’re connected you and I

(嫌いだ)
Hate
(俺を盲目にする、お前の愛が)
Blinding me, and your love,
(ヤツの事を話している時のお前は)
when you’re talkin’ about him,
(まるで壊れたレコードみたいな雑音だ)
sound just like a broke’ record !
(それには理由がある)
There’s a reason why
(汚れた秘密を抱えてる)
Holdin’ dirty secrets
(あなたはどこで力を得ているのか)
Where you’re gettin’ your power
(私のいとこを犠牲にしている)
Sacrificin’ my cousin !
(これからどうするんだ)
What’s it gonna be ?

(俺は炎から出てくるってか)
Do I come from the fire ?
(俺たちは戻ってくるぜ、オゥイェ)
We’re going back, oh yeah !
(だから俺との時間をもっと大切にしてくれ)
So spend some time with me
(俺はお前の会社が大好きだ)
I really like your company
(俺達はそんなに違う部分は無い)
We’re not so different
(裏を返せばどうってことはない)
Flip the coin it doesn’t matter
(そして、もし俺たちが生き残れなければ)
And if we don’t survive
(嘘っぱちの人生なんて、死んだほうがマシだってんだ)
I’d rather die than live a lie

(全ての集まる点)
Point of all 
(因果の点)
Point the nexus
(地球上の闘争や災い全てが集まる点)
Point of all The fighting and trouble on the Earth
(因果)
The nexus
(お前は何故白い)
You, why in white

(俺は炎から出てくるってか)
Do I come from the fire ?
(俺たちは戻ってくるぜ、オゥイェ)
We’re going back, oh yeah !
(だから俺との時間をもっと大切にしてくれ)
So spend some time with me
(俺はお前の会社が大好きだ)
I really like your company
(俺達はそんなに違う部分は無い)
We’re not so different
(裏を返せばどうってことはない)
Flip the coin it doesn’t matter
(そして、もし俺たちが生き残れなければ)
And if we don’t survive
(嘘っぱちの人生なんて、死んだほうがマシだってんだ)
I’d rather die than live a lie

(そこは地球上の闘争や災い全てが集まる点)
The point of all The fighting and trouble on the Earth
(因果)
The nexus
(お前は話されたことを信用してはいけない)
You can’t believe in what you hear
(地球上の闘争や災い全てが集まる点)
Point of all The fighting and trouble on the Earth
(因果)
The nexus
(お前は話されたことを信用してはいけない)
You can’t believe in what you hear


グレンラガンキルラキル、そしてプロメアはなんというか、
「言葉で説明するよりもまず観てくれ」と言いたくなるような作品です。
少年心を持っている方ならまず好きになるような熱い展開、会話、バトル。観れば分かる分かり合える熱さがあります。

www.youtube.com


なんかもう本当に、説明とか難しい理屈とか要らないです。ちょっとシリアスな部分もありますが、それもひっくるめて熱い作品なので、是非観ていただければ幸いです。
グレンラガンキルラキルに比べるとちょっとだけ知名度低いようなのですが、私はプロメアが一番好きだったりします。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考

NEXUS

アニメプロメア

Hands Up to the Sky(86―エイティシックス―)

今回は86―エイティシックス―というアニメで歌われていたHands Up to the Skyを和訳してみます。日本語と英語とミックスの歌です。

www.youtube.com


歌の中に強弱があるような歌で、サビに入る時の雰囲気が個人的にすごく好きな歌です。
日本語部分も多いので歌詞の雰囲気は分かりやすいと思うのですが、英語部分も是非読んでみてください。


(1、2、3、俺達はそれをやり遂げた)
1, 2, 3, We made it through
(4 & 5、お前も持っているか)
4 & 5, You got it too ?
カリソメの夜空を照らす
(簡単にあしらって)
Handle it with light
途方もない暮れに別れを告げる
確かな声を聴け

(立ち上がり、始めよう)
Stand up and get a start
気の向くまま
(それはお前の気持ち次第だ)
It’s depending on your heart
(お前の怪我への恐れは取り去ることができる)
Can take shivers of your scar
広がった世界に描いていく
憧れはいつか消えてしまうのか?

(空に向かって手を挙げろ)
Raise your hands up to the sky
(閉じていた ビジョン 今 未来を繋いで)
閉じていた vision 今 未来を繋いで
(よく聞きな、トラブルメーカー)
Listen up, Troublemaker
(お前はどうして俺の熱病を知っているんだ)
How’d you know ’bout my fever ?
どんなに読み漁ったって そこに答えはない

(7、俺達の夢は叶った)
7, Our dream has come true
(& 9、これからお前はどうするんだ)
& 9, What you gonna do ?
無防備な吐息が雨を降らす
(強く抱き合って)
Hug each other tight
とるに足らない些細な変化も
喜び合える日が来るなら

(立ち上がり、始めよう)
Stand up and get a start
気の向くまま
(それはお前の気持ち次第だ)
It’s depending on your heart
(お前の怪我への恐れは取り去ることができる)
Can take shivers of your scar
爪先立ちして覗いていたレンズのその先に
踊るプリズムのように

(空に向かって手を挙げろ)
Raise your hands up to the sky
(閉じていた ビジョン 今 未来を繋いで)
閉じていた vision 今 未来を繋いで
(よく聞きな、トラブルメーカー)
Listen up, Troublemaker
(お前はどうして俺の熱病を知っているんだ)
How’d you know ’bout my fever ?
どんなに愛していたって 音に載せれない

(俺に笑ってくれよ、お前の白い歯を見せろよ)
Smile with me, with your white teeth
(素直に 自由を感じようぜ)
素直に to feel so free
ここから変わるなら
(記憶のコードを書き換えろ)
Rewrite the codes of memories
(俺に笑ってくれよ、頼むから)
Smile with me, with delight please
(素直に 自由を感じようぜ)
素直に to feel so free
これから変わるから
(メロディーのコードを書き換えろ)
Rewrite the chords of melodies

(立ち上がり、始めよう)
Stand up and get a start
気の向くまま
(それはお前の気持ち次第だ)
It’s depending on your heart
(お前の怪我への恐れは取り去ることができる)
Can take shivers of your scar
広がった世界に描いていく
憧れはいつか消えてしまうのか?

(空に向かって手を挙げろ)
Raise your hands up to the sky
(閉じていた ビジョン 今 未来を繋いで)
閉じていた vision 今 未来を繋いで
(よく聞きな、トラブルメーカー)
Listen up, Troublemaker
(お前はどうして俺の熱病を知っているんだ)
How’d you know ’bout my fever ?
どんなに読み漁ったって そこに答えはない

(空に向かって手を挙げろ)
Raise your hands up to the sky
(閉じていた ビジョン 今 未来を繋いで)
閉じていた vision 今 未来を繋いで
(よく聞きな、トラブルメーカー)
Listen up, Troublemaker
(お前はどうして俺の熱病を知っているんだ)
How’d you know ’bout my fever ?
どんなに愛していたって 音に載せれない


このアニメではなんというか重度の人種差別みたいなものがあり、主人公のレーナと同じ「白系種」と呼ばれる人々はもう一人の主人公シンたちが所属する部隊を見下すというか、まず同じ人間として扱っていないような節があります。
(部隊の中に戦死者が出たとしても、白系種の人々は「戦死者なし」と扱ったり、みたいな)

そのためレーナはシンたちの部隊に通信で指示を送る隊長の役割を与えられていますが、まず人間として扱われず安全な場所から指示だけ出すだけの白系種を部隊の人々はどう思うか、何となくお察しかと思います。
ただレーナは他の白系種とは違い、彼らを人間として扱おうとしています。そこから色々とお互いの状況や考えが変化していくアニメなので、戦闘と人間ドラマがどちらも見応えがある作品になっていると思います。

ちなみに原作は小説です。まだそちらは読んでいないのですが、読んだ時はアニメ版と内容が違うかも書き加えたいと思います。

ちょっと非現実感を感じる特殊設定が多い作品で最初の数話は「どゆこと?」となるかもですが、面白いです。
興味がある方は是非観てみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



参考


Hands Up to the Sky

アニメ86―エイティシックス―

小説86―エイティシックス―