歌聴クブログ@遥

日本語以外の歌詞の歌を紹介するブログです

borderland(ヨルムンガンド)

今回はアニメヨルムンガンドのborderlandを訳してみました。アニメ内容に合っていて、個人的にすごく好きなカッコいい歌です。

www.youtube.com


ちなみにゲームやアニメが好きな方なら知っているかと思いますが、「ヨルムンガンド」とは北欧神話に出てくる怪物で、世界をぐるっと一周囲めるくらい大きな蛇のことです。


(私たちはいつも紛争の境界線に立っている)
We have always stood on the borderland
(私は楽しんでいる、この場所からの景色を)
I'm enjoying the view from here
(あれに、これに、どれにしよう、なににしよう...)
Eeny, meeny, miny, moe...
(殆ど同じじゃないか)
much the same
(私たちはいつも紛争の境界線に立っている)
We have always stood on the borderland
(私は楽しんでいる、この場所からの景色を)
I'm enjoying the view from here

(槍か盾か)
pike or shield ?
負けたくはない でも傷つけたくもない
手に取って確かめてた
きっと戻れないんだって
(きみはどちら側に味方するんだい)
Whose side are you on ?

(知りたくない 思いは枷)
Don't want to know 思い出は枷
(知りたくない 後付けの愛)
Don't want to know 後付けのlove
(知りたくない 優しさは仇)
Don't want to know 優しさは仇

(私たちはいつも紛争の境界線に立っている)
We have always stood on the borderland
(広げる両手 平衡を保ち)
広げる両手 keep balance
より高く飛べる方へ
守りたいよ
僕らの翼のないこの背中に背負った
(現実と夢)
Reality & Dream

(黒か白か)
Black or White ?
正義だと言う 強さで固めた未来
嘘だって変わらないさ
歯車はまわり続ける
(それは何色だろうか)
What color is it ?

(きみは私に感情を伝えてる 憎しみは糧)
You're telling me 憎しみは糧
(きみは私に感情を伝えてる 真実は罪)
You're telling me 真実はcrime
(きみは私に感情を伝えてる 誠実の罠)
You're telling me 誠実の罠

(私たちはいつも紛争の境界線に立っている)
We have always stood on the borderland
(風に吹かれ ダンスする)
風に吹かれ have a dance
生きてるうちに笑え
この世界の心が
何望んで企てても そこには
(現実と夢)
Reality & Dream

(私たちはいつも紛争の境界線に立っている)
We have always stood on the borderland
(広げる両手 均衡を保ち)
広げる両手 keep balance
より高く飛べる方へ
帰らないよ僕らは翼のないこの背中に背負った
(現実と夢)
Reality & Dream
(私たちはいつも紛争の境界線に立っている)
We have always stood on the borderland
(広げる両手 均衡を保ち)
広げる両手 keep balance
(私たちはいつも紛争の境界線に立っている)
We have always stood on the borderland
(風に吹かれ ダンスする)
風に吹かれ have a dance
(現実と夢)
Reality & Dream


ヨルムンガンドは神話の怪物ですが、この作品はあくまで現実的で現代的な話です。魔法とかモンスターは一切無く、戦うのは全て人間です。
内容的には戦争によって家族を失った戦争関係の道具や人を嫌うヨナと、世界中を渡り歩きながら大きな野望を抱えている武器商人のココを中心に争いや争いを起こそうとする人々を見て、時には戦っていくような物語です。

www.youtube.com


2人を通して全ては人間が原因で起こっている出来事なんだよな、と。ウ~ンと思ってしまうような作りになっていて、恐らくなのですが、ガンダム作品の根本の部分を好きな方はきっと好きになる内容かと思います。

武器商人の話とは言っても戦闘シーンは派手で、さらに人々の会話も面白いので興味があれば是非観ていただければと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


borderland

Borderland TVアニメ「ヨルムンガンド」OPテーマ<通常盤>

Borderland TVアニメ「ヨルムンガンド」OPテーマ<通常盤>

  • アーティスト:川田まみ
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: CD
 

アニメヨルムンガンド

PULSAR

PULSAR

  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: Prime Video
 

漫画ヨルムンガンド

ASTRO(ギフトピア)

今回はギフトピアというゲームに使われていたASTROを書き出してみました。
子供心というか、ワクワク感があって可愛い歌ですよ。

www.youtube.com


見つけたPVも面白かったので、聴くついでに一緒に観てみてください。


(甘美で静かな海)
sweet and silent sea
(甘美で静かな雪)
sweet and silent snow
(甘美で静かな空)
sweet and silent sky
(甘美で静かな星)
sweet and silent stars

(僕らが向かう世界に星はある)
stars are in world we go
(一緒にこの時間に浸ろう)
let’s spend this time
(僕の声が聞こえるかい)
can you hear me ?

(甘美で静かな海)
sweet and silent sea
(甘美で静かな雪)
sweet and silent snow
(甘美で静かな空)
sweet and silent sky
(甘美で静かな星)
sweet and silent stars

(僕らが向かう世界に星はある)
stars are in world we go
(一緒にこの時間に浸ろう)
let’s spend this time
(僕の声が聞こえるかい)
can you hear me ?

(さようなら)
good bye,
(僕はきみだ、きみは止まるって言った)
I am you are, you said stop
(でも僕は、僕は言ったよ)
but I, I said
(僕らは夢を見ることができる、ゆっくりゆっくりと夢を見る)
we can dream and dream slowly slowly
(やあ、一緒に星に行こう)
hello, let’s go to stars!

(僕らは世界の全部)
we are all of the world


ギフトピアはちょっと仕様や世界観が特殊なゲームで、成人式を寝坊した主人公ポックルが大人になるためのゲームです。
この世界では時間の経過では大人になれず、お金を貯めて成人式を行うか、または住人の悩みなどを解決して手に入れたパワーで儀式を何度も行うかをしないと大人になれません。
そのためポックルは大人になるために島中を駆け回り金策orお悩み解決をしながら島の秘密部分にも迫っていくようなストーリーになっています。

www.youtube.com

その特殊なゲーム性やぶっ飛んだキャラクターや展開もあり、今でもプレイした経験のある方の記憶に強く残っているゲームになっているようです。
私も寮にいた頃に少しだけ遊んだことがあるゲームなのですが、活動時間や移動範囲が徐々に増えていく所や住民の秘密にしている部分を知っていく面白さなどが印象に残っています。
今から機材やソフトを揃えるのはちょと難しいゲームかと思いますが、何かの拍子にプレイする機会ができるかもしれないですし、こんな感じの個性的なゲームがあったことを心の片隅にでも置いておいていただければ嬉しいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


ASTRO

 

ASTRO +EARLY WORKS

ASTRO +EARLY WORKS

 

ゲームギフトピア

ギフトピア

ギフトピア

  • 発売日: 2003/04/25
  • メディア: Video Game
 

shadowgraph(ブギーポップは笑わない)

Gotoキャンペーンは買い溜めして車庫キャンプ・・・という、敷地から一歩も出ない連休を楽しんでいる私ですが、日本中の方々は一体どのような連休を過ごしているでしょうか。
そして今回はキャンプ中のBGMに流していた歌の中からアニメブギーポップは笑わないshadowgraphを翻訳してみます。

www.youtube.com


歌詞もそうなのですが一定間隔でリズムを刻む楽器のズンズン音のせいか、何となく怪しい雰囲気を感じる歌です。アニメの雰囲気とも合っているちょっと暗めな歌ですよ。


(きみは自身の中に意味を見出すことができるか)
Can you see the meaning inside yourself ?
(きみは自身の持つ闇に意味を見出すことができるか)
Can you see the meaning in your darkness ?

(ああ、きみは今どこにいるんだ)
Oh, where are you now ?
(きみは何処へ行ってしまったんだ)
Have you gone away ?
(今ここにいるのはソックリな誰かなのだろうか)
Here now, is it just a lookalike ?
(世界はゆっくりと変化し続けている)
All of the world is slowly changing
(ここからでは私は見ることができない)
In a way I cannot see from here

昨日見た夢では誰かに呼ばれていた
振り向けばそこには消えもせず居座った幻

(きみは自身の中に意味を見出すことができるか)
Can you see the meaning inside yourself ?
不意に嗤い消えた声
なぜに出会いなぜ別れその意味も知らず

(なら、きみは自身の持つ闇に意味を見出すことができるか)
So, can you see the meaning in your darkness ?
繰り返し映る影
何もないその中を 何かを探し歩き続ける

(では、きみはこの世界について真に意味するものを考えたか)
So, have you thought about what truth means in this world ?
(その“真”はきみが本当に信じられるものなのか)
Is the “truth” enough for you to believe ?

(世界はゆっくりと変化し続けている)
All of the world is slowly changing
(それは私には追い付けないもの)
In a way I can not catch up with

(来る日も来る日も、私達は私達自身の影を失っている)
Day by day, we’re losing our own shadows
手に入れたものでさえ
手の中で変わるのだと 気づいてしまった
(来る日も来る日も、私達はこの場所にいる証を失っている)
So, day by day, we’re losing proof we are here
色づいたこの霧は
世界と名乗ってまだ 視界のすべてを覆っている

何も何も見えないそこに
いつもいつも 在るはずのもの
光と陰 夢と現の
狭間で踊る 私 はどこにいる さあ

(きみは自身の中に意味を見出すことができるか)
Can you see the meaning inside yourself ?
不意に嗤い消えた声
なぜに出会いなぜ別れ その意味も知らず
(なら、きみは自身の持つ闇に意味を見出すことができるか)
So, can you see the meaning in your darkness ?
その影に 今触れた
そしてまた消えてゆく 探す意味 それだけ信じさせながら

(きみは自身の中に意味を見出すことができるか)
Can you see the meaning inside yourself ?
(いいや、もしきみがそれを無駄と思っても、諦めてはいけない)
No, even if you think there’s no use. don’t give it up
(そう、意味が無い、すべては無意味)
So, everything is nothing. Nothing is all
(意味なんて無いんだ、すべては無意味なんだ)
Everything is nothing. Nothing is all
(何かがある、しかし私達はそれが何なのか知ることはない)
Something is here, but we’ll never know what it truly is

私は誰?


ブギーポップは笑わないの設定は現代社会に近い雰囲気なのですが、そこにさらに超常的な存在を混ぜたような世界になっています。
内容的には説明しずらいのですが、なんというか、1話は正直面白い面白くないと言うより一体何かなんだかよくわからず話が進み、ただ2話3話と見続けていくと色々理解ができるようになっていく構成で、観ていくにつれて徐々に良作になっていく感じです。

 

www.youtube.com


ちなみに私はアニメ版しか見ていないのですが、この作品は電撃文庫のシリーズ作品ブギーポップシリーズの一部らしいです。
ブギーポップシリーズは未だに続いているらしく、友人曰く小説版の方が分かりやすいとのことでした。
アニメが好きになった方や、さらに内容を詳しく知りたいと思った方は読んで見比べてみると良いかもですね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


参考


shadowgraph

TVアニメ「ブギーポップは笑わない」オープニングテーマ「shadowgraph」
 

 アニメブギーポップは笑わない

ブギーポップは笑わない 第1巻 [Blu-ray]

ブギーポップは笑わない 第1巻 [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/03/27
  • メディア: Blu-ray
 

小説ブギーポップは笑わない

ブギーポップは笑わない

ブギーポップは笑わない

 

Puff, the magic dragon(魔法のドラゴン、パフ)

今回は図書館で懐かしい絵本を見つけたので、その歌を翻訳してみました。
Puff, the magic dragonという絵本で、歌の題名も同じです。

www.youtube.com


私は確かテレビの「みんなのうた」か何かで聴いたのが最初だったと思うのですが、絵本があることを知ったのは今回が初でした。
ストーリーのある歌なので、動画の絵を見たり風景を思い浮かべたりしながら聴いてみてください。


(魔法のドラゴン、パフは海っぺりに住んでいた)
Puff, the magic dragon lived by the sea
(そして秋の霧の中で遊んでいた)
and frolicked in the autumn mist
(その土地はホナーリーと呼ばれていた)
in a land called Honah Lee
(小さなジャッキーペーパーはその悪者パフが大好きだった)
Little Jackie paper loved that rascal puff
(そして彼に紐や封蝋や、他にも面白い物を持ってきた)
and brought him strings and sealing wax and other fancy stuff

(魔法のドラゴン、パフは海っぺりに住んでいた)
Puff, the magic dragon lived by the sea
(そして秋の霧の中で遊んでいた)
and frolicked in the autumn mist
(その土地はホナーリーと呼ばれていた)
in a land called Honah Lee
×2

(共に彼らは旅をする、波打った帆のボートに乗って)
Together they would travel on a boat with billowed sail
(パフの巨大な尻尾に腰かけてジャッキーは見張り役をした)
Jackie kept a lookout perched on puffs gigantic tail
(尊い王たちも王子たちも、彼らが来ればいつも頭を下げた)
Noble kings and princes would bow whenever they came
(パフが彼の名前を叫ぶと海賊船たちも彼らの旗を下げた)
Pirate ships would lower their flag when puff roared out his name

(魔法のドラゴン、パフは海っぺりに住んでいた)
Puff, the magic dragon lived by the sea
(そして秋の霧の中で遊んでいた)
and frolicked in the autumn mist
(その土地はホナーリーと呼ばれていた)
in a land called Honah Lee
×2

(ドラゴンは永遠に生きるけれど少年は違う)
A dragon lives forever but not so little boys
(塗装された翼や大きな輪は他の数々のおもちゃに移り代わる)
Painted wings and giant rings make way for other toys
(ある灰色の夜、それは起こった)
One grey night it happened,
(ジャッキーペーパーが来ることは二度とない)
Jackie paper came no more
(そしてパフというその強大なドラゴンは)
and puff that mighty dragon,
(彼は恐れ知らずの咆哮をしなくなった)
he ceased his fearless roar

(彼の頭は悲しみで項垂れて、緑の鱗は雨のように落ちた)
His head was bent in sorrow, green scales fell like rain
(パフはもうチェリーレーン沿いに遊びに行かなくなった)
Puff no longer went to play along the cherry lane
(彼の生涯の友達がいないと、パフは勇敢ではいられなかった)
Without his lifelong friend, puff could not be brave
(その結果、強大なパフは悲しげに彼のほら穴に入ってしまった)
So puff that mighty dragon sadly slipped into his cave

(魔法のドラゴン、パフは海っぺりに住んでいた)
Puff, the magic dragon lived by the sea
(そして秋の霧の中で遊んでいた)
and frolicked in the autumn mist
(その土地はホナーリーと呼ばれていた)
in a land called Honah Lee
×2


絵本は歌の通りでちょっと寂しい内容になっています。ただ絵本には歌詞には無いパフのその後の描写が描かれていたので、悲しいだけの物語ではないみたいです。
ちなみに私が子供の頃にこの歌を聞いて受けた印象は「ジャッキーひどい!」みたいな感じだったのですが、大人になった絵本と合わせて歌を聞いた今では色々と違う考えが浮かんだり、子供時代に理解できていなかった部分があったことに気が付きました。
同じように子供の頃にこの歌を聴いたことがある方がもしいたら、同じような印象を受けるかもしれないですね。

それなりに古い本で日本語版はプレミア価格になってしまっているので本屋さんで買うのは難しいかもしれないですが、地域によっては市民図書館などに置いてあると思います。
見つけた時にでも手に取ってみていただけると嬉しいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


CDつき絵本(英語版)Puff, the magic dragon 

Puff, the Magic Dragon: Book and CD Pack

Puff, the Magic Dragon: Book and CD Pack

 

Don't Think Twice(Kingdom HeartsⅢ)

この頃ゲームソングの歌を書いていなかった気がするので、最近進めたKingdom HeartsDon't Think Twice英語バージョンを和訳してみました。
ⅠとⅡはPS2時代に遊んだ経験があるのですが、Ⅲ出たんですね・・・!(゚д゚)

www.youtube.com


ちなみにDon't Think Twiceというのは直球で訳すと「2度考えてはいけない」ですが、日本語でそれっぽく言えば「考え込んでウジウジしてちゃダメだよ~」みたいな感じの言葉です。励まし系ワードです。


(僕はどうやって暮らしていたのだろう、この悪い人だらけの王国で)
How did I live, in a kingdom of thieves ?
(しかも人々は誰も本当に思っている事を言わない)
And people who say, things they don't really mean
(きみ一人だけを僕は夢見ていた、そうずっと夢見ていた)
You're only everything I ever dreamed, ever dreamed
(きみは僕をからかっているんだね)
You must be kidding me
(僕が嫌だって言えると、本当に思ったかい)
Did you really think, I could say no ?

(きみと生涯を共にしたい)
I want you for a lifetime
(だから、もしきみが思い込むのなら)
So if you're gonna think twice
(ベイビー、僕は知りたくない、知りたくないよ)
Baby, I don't wanna know Baby, I don't wanna know

(なにもかも順調だよ)
Everything is just fine
(でも、もしきみが思い込むのなら)
But if you're gonna think twice
(ベイビー、僕は知りたくない、知りたくないよ)
Baby, I don't wanna know Baby, I don't wanna know

(ホントにわからないんだ)
I really don't get
(何故他の皆はそうだと信じているのか)
What everyone else believes
(それで、僕は何故言うのだろう)
So why do I say
(本当は思ってなんかいない事、思ってないのに)
Things I don't really mean, really mean

(僕はただ泣くだけだ、なぜなら僕は夢を見ないから)
I'm only crying cause I never dreamed
(これには時間がかかるよ)
It'd take this long
(きみは僕をからかっているんだね)
You must be kidding me
(僕がヤダって言えると、本当に思ったかい)
Did you really think, I could say no ?

(きみと生涯を共にしたい)
I want you for a lifetime
(だから、もしきみが思い込むのなら)
So if you're gonna think twice
(ベイビー、僕は知りたくない、知りたくないよ)
Baby, I don't wanna know Baby, I don't wanna know

(なにもかも順調だよ)
Everything is just fine
(でも、もしきみが思い込むのなら)
But if you're gonna think twice
(ベイビー、僕は知りたくない、知りたくないよ)
Baby, I don't wanna know Baby, I don't wanna know

(思い込まないで)
Don't think twice
(思い込まないで)
Don't think twice
(思い込まないで)
Don't think twice
(ベイビー、思い込まないで)
Baby, don't think twice

(もしきみがさらに高みを目指すのなら)
If you wanna take it to an even higher level
(きみはただ言葉を言うだけで良い)
All you gotta do is say the word
(きみは僕が従う事をわかっているだろ)
You know I'll follow
(もしきみがさらに高みを目指すのなら)
If you wanna take it to an even higher level

(僕はしない、僕は咬み付いたりしない)
I don't, I don't bite

(きみがそれを実現させたいのなら、不可能なんて無い)
If you wanna make it happen nothing's impossible
(きみはただ言葉を言うだけで良い)
All you gotta do is say the word
(僕たちの壁が崩れる)
Our walls will crumble
(きみがそれを実現させたいのなら、不可能なんて無い)
If you wanna make it happen nothing's impossible

(きみと生涯を共にしたい)
I want you for a lifetime
(だから、もしきみが思い込むのなら)
So if you're gonna think twice
(ベイビー、僕は知りたくない、知りたくないよ)
Baby, I don't wanna know Baby, I don't wanna know

(なにもかも順調だよ)
Everything is just fine
(でも、もしきみがまた思い込むのなら)
But if you're gonna think twice
(ベイビー、僕は知りたくない、知りたくないよ)
Baby, I don't wanna know Baby, I don't wanna know

(思い込まないで)
Don't think twice
(思い込まないで)
Don't think twice
(思い込まないで)
Don't think twice
(ベイビー、思い込まないで)
Baby, don't think twice

(思い込まないで)
Don't think twice
(思い込まないで)
Don't think twice
(思い込まないで)
Don't think twice
(ベイビー、思い込まないで)
Baby, don't think twice

(1度キスして)
Kiss me once
(2度キスして)
Kiss me twice
(3度キスして)
Kiss me three times
(一線を越える)
Cross the line

(1度キスして)
Kiss me once
(2度キスして)
Kiss me twice
(3度キスして)
Kiss me three times
(僕のものになって)
Be mine
(僕は気にしない)
I don't mind

(僕は知りたくない)
I don't wanna know


キングダムハーツは一作目から宇多田ヒカルさんが歌っていたので、十年以上経って発売された三作目(実際はチェインオブメモリーズなど沢山の中間作品がありますが)も同じ歌手さんの歌だったのが驚きで、ファンとしてとても嬉しい歌でした。

この作品はゲーム会社として有名なスクウェア(今はスクウェア・エニックス)と、言わずもがな有名なディズニーがコラボした作品で、スクウェア作品のキャラとディズニー作品のキャラが主人公が行く先々で登場します。
彼らと仲間になって敵と戦ったり、逆に敵として出てくるキャラに立ち向かったり、各作品が好きな方にはたまらないゲームになっています。
さらにゲームオリジナルのキャラもそれぞれ個性があり、敵として出てくるボスキャラ達にもグッとくる過去があったりするので純粋なRPGとしても面白いです。

www.youtube.com


3作品だけでなく、その間に出された作品の内容も知っていないと分からないキャラや出来事が多かったりする長編の作品ですし、上下左右に派手に動き回るアクションゲームなので3D酔いに弱い方には難しいかもしれないですが、すごく良いゲームなので可能なら知っていただけると嬉しいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Don't Think Twice

Don't Think Twice

Don't Think Twice

  • 発売日: 2018/12/10
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 ゲームKingdom Hearts

キングダム ハーツIII - PS4

キングダム ハーツIII - PS4

  • 発売日: 2019/01/25
  • メディア: Video Game
 

Rightfully(ゴブリンスレイヤー)

7月が始まった途端にコロナ騒動が戻ってきてしまいましたが、皆さま変わりないでしょうか。
私は自宅と祖母宅分の買い溜めをしようと初コストコへ出かけて品物の大きさと人の多さにビックリしていました。

そして今回は最近見たゴブリンスレイヤーというアニメのオープニング曲Rightfullyを和訳してみました。

www.youtube.com


歌詞の内容は作品の内容にとても合っていて、ゆっくりパートと速いパートの変化も個人的にとても好きです。
できれば作品内容も込みで聴いてみていただけると嬉しいです。


(鎖は俺に繋がっている)
Chained onto me
(青春時代の俺の夢)
My adolescent dreams
(ぐいぐい、俺を奥へと引きずり込んでいく)
Pulling , dragged me deep
(体の全てが露出され)
All my body exposed
(お前の影に印が浮かぶ)
Marked up by your shadows

(引き締めろ)
Tighten up
(お前の感覚を麻痺させろ)
Numb your senses
(豚どもに公平さは要らない)
No fairness is needed for pigs

(天上の笑い声)
Laughters above
(無邪気な笑顔を浮かべて)
Playful smiles
(ダイスを転がす)
Die gets rolled

(悲しみに浸され)
Bathe in sorrow
(俺の明日はお前の血肉の上に建てられる)
My tomorrow is built upon your flesh
(お前の種の終わりまで切り殺す)
Slay the last of your kind
(俺が持っているはずのものを取り返すために)
To reclaim what's rightfully mine

(我々が入る度)
each time we'll enter
(これを作るのは初めてだ)
first time to make this
(最後のダンジョン)
final dungeon
(無念な未来の)
munen na mirai no
(俺にはしっかりと理由がある)
I have a reason
(流れを分けてはいけない)
don't part the rivers
(奴らの周囲を奴らの頭で仕上げ)
surround them, off with their heads
(俺の動機を洗礼する)
christen my motive
(はじめて気が付く)
First time to notice
(最後のダンジョン)
Final dungeon
(群れて迷う)
murete mayou
(俺はお前の中に隠れる)
I hide among you
(俺の炎に対面しろ)
facing my fire
(夜、俺は夢を見ている)
at night I'm dreaming ahh

(俺は未だにお前の夢を見る)
I still dream of you
(お前は失望していないだろうか、俺が以前の俺でないことに)
Will you be disappointed that I'm not who I used to be
(俺を強く抱きしめてくれないか)
Will you hold me tightly

(鎖は俺に繋がっている)
Chained onto me
(青春時代の俺の夢)
My adolescent dreams
(ぐいぐい、俺を奥へと引きずり込んでいく)
Pulling , dragged me deep
(体の全てが露出され)
All my body exposed
(お前の影に印が浮かぶ)
Marked up by your shadows

(コマたちがテーブルが徐々にターンし、再び回る)
Piece by piece the tables turn and turn again
(この終わることのない遊戯の中で)
In this eternal game

(ビスケットにクロテッドクリーム、あとはミルクティー)
Biscuits with clotted cream and milk tea
(お前の20ダイスを回す時間だ)
Time to roll your d20
(神たちも、また悪魔たちも、降参の準備はできていない)
Gods nor demons ready to admit defeat

(食べきって)
Eat up
(歯を磨いて)
Grind your teeth
(奴らは俺達ほど賢くはない)
They’re not that much smarter than us

(天上の笑い声)
Laughters above
(無邪気な笑顔を浮かべて)
Playful smiles
(ダイスを転がす)
Die gets rolled

(お前の運命を飲み下せ)
Swallow your fate
(血と涙は俺達の剣の潤滑剤)
Lubricate our blades with blood and tears
(そしてお前の鋭い悲鳴は祝いの音楽だ)
And your piercing screams are music to celebrate

(浸透し、突き破る)
Infiltrate, penetrate
(間も無く俺達はお前を壊滅させる)
Soon we’ll have you destroyed
(あの過ぎ去った日に戻ることができる)
Back to the old days
(お前の種の終わりまで切り殺す)
Slay the last of your kind
(俺が持っているはずのものを取り返すために)
To reclaim what's rightfully mine

(我々が入る度)
each time we'll enter
(これを作るのは初めてだ)
first time to make this
(最後のダンジョン)
final dungeon
(無念な未来の)
munen na mirai no
(俺にはしっかりと理由がある)
I have a reason
(流れを分けてはいけない)
don't part the rivers
(奴らの周囲を奴らの頭で仕上げ)
surround them, off with their heads
(俺の動機を洗礼する)
christen my motive
(はじめて気が付く)
First time to notice
(最後のダンジョン)
Final dungeon
(群れて迷う)
murete mayou
(俺はお前の中に隠れる)
I hide among you
(俺の炎に対面しろ)
facing my fire
(夜、俺は夢を見ている)
at night I'm dreaming ahh


途中に流れるeach time~dreaming ahhの歌詞はあくまで非公開歌詞をファンの方が耳コピで書き起こしたものなので、違っているかもしれないです。そこはご了承ください。

ゴブリンスレイヤーは名前の通り、ファンタジー界の有名モンスター「ゴブリン」をひたすら倒す青年の話です。
その世界ではゴブリンは「馬鹿で汚い雑魚」だと馬鹿にされていて、依頼の多さに対して仕事を受ける冒険者があまりいないモンスターのですが、その青年はゴブリン討伐だけをひたすら受け続ける変わり者の冒険者として周りに見られています。
しかしゴブリンは家畜を殺し女性を攫うなどの被害が絶えず、依頼を受けた初心者冒険者が帰らないことも少なくない、実はとても恐ろしいモンスターなんだ。放っておくわけにはいかないんだ。という感じの青年と、青年に出会ってゴブリン討伐に同行するようになった冒険者たちを描いた作品です。

 

www.youtube.com


倫理的にちょっとアレでしたが、12話でしっかり話がまとまっていて不完全燃焼感が全く無く締めくくった良いアニメだと思います。
ちなみにコミック版も発売されているのですが、コミック版はアニメに描かれていない残酷な部分やその先の話も描かれています。それと絵の迫力はコミック版の方が良いと思います。

どちらも人が酷い目に合う展開をあくまで創作だと割り切って見られる方にはオススメできる作品だと思うので、興味があれば見てみてください。


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Rightfully

Rightfully(TVアニメゴブリンスレイヤーOPテーマ)

Rightfully(TVアニメゴブリンスレイヤーOPテーマ)

  • 発売日: 2018/11/18
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

アニメゴブリンスレイヤー

コミックゴブリンスレイヤー

Crowds(ガッチャマンクラウズ)

今回はガッチャマンクラウズのオープニングソングに使われていたCrowdsを翻訳してみました。

www.youtube.com


多分なのですが、この歌詞はいい感じに聞こえるように単語を並べて作られた歌です。
英文としてはよく分からない部分が多く、それでも無理やり日本語化してみると何とな~く繋がっているように見えてくるような感じ。
深く気にせずに聴いていたほうがよく聞こえるかもしれないですね。


(飛べ、驚かせ、混乱、乱雑、かき乱せ)
fly amaze it crore vavry rough
(動きだせ、そして孤独なブレンダを感じ取れ)
spin up and know feel in brender lonely
(エストラッドと私は墓の下)
estrad and me under graven
(私はスターネット新聞に載っている)
me on the starnet

(鼠の赤ん坊をダメにしてしまった意味を書き出せ)
write the mean destroy baby rat
(起きろ、そして恐れるな)
stay up and no fear
(終いにお偉いさん方は私の上で声を上げる)
into end aloud these sir prize on me
(天国のような場所の下、それは複製される)
unders heavenly on the clone it

(あなたの言葉が世界)
the world your word is

(我々は一人ではない)
we are not alone
弱くて強い一人ひとりだ
そう鳥のように
(戦うため行かなければならない)
have to fight and go the distance
解き放つこの思い
(君はあちらへ行く)
you go there
向こうへ飛ぶ

(白い翼が私を次の段階へと駆り立てる)
the white wing droven me next it up
(今私は終わりを迎える)
I now will into end
(グライダーについての酷いおふざけ)
this soremy enternainly under glider
(私はスターネット新聞に載っている)
me on the starnet

(これを試してみてくれヤミー)
on this try yamy
(そいつは遠くを見ていて何も口にしない)
the no lips in out on the see far
(彼らはその中に入ったきり、そこから出てこない)
they not when got in won’t then inside it up
(今夜はひと悶着ありそうだ)
tonight is often discord

(あなたの言葉が世界)
the world your word is

(我々は一人ではない)
we are not alone
怖くても 退くより行こう
皆鳥のように
(戦うため行かなければならない)
have to fight and go the distance
研ぎ澄ませ この音に
(君はあちらへ行く)
you go there
向こうへ飛ぶ
(スタートしてから首を振る)
on the start to rock mind a neck
(君は僕を見て呼んだ)
called you see me
(ひっくり返す)
upside out


結構無理やりの訳し方をしているので、他と違っていたらすみません。

ガッチャマン自体はものすごく古くからある作品ですが、ガッチャマンクラウズは現代風で未来チックな雰囲気のネット社会が発達した世界観に一新されていて、元々のイメージのまま見るとだいぶ違う作品になると思います。
内容は簡単に言えば悪い宇宙人と戦う組織「クラウズ」のメンバーで、ガッチャマンになる能力を持つ女子高生一之瀬はじめを主人公に据えた物語です。

www.youtube.com


前のガッチャマンとの大きな違いはガッチャマン以外の一般人たちの反応がSNSを通して大きく影響している所でしょうか。ネット社会恐ろしいです。
主人公にも敵キャラにも強い個性がある作品で感情移入はしにくい作りになっている感じなのですが、安定して最後まで、さらに言えばその後に作られた2期まで面白く観ていられる作品です。ヒーローものが好きな方は是非観てみてください。


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Crowds

Crowds

Crowds

  • 発売日: 2013/08/21
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

アニメガッチャマンクラウズ

GATCHAMAN CROWDS   Blu-ray BOX

GATCHAMAN CROWDS Blu-ray BOX

  • 発売日: 2014/01/22
  • メディア: Blu-ray