歌聴クブログ@遥

日本語以外の歌詞の歌を紹介するブログです

Burn my Dread(ペルソナ3)

前回デジタルデビルサーガの記事を上げたついでにもう一つ、同じ会社が制作したペルソナ3の歌Burn my Dreadの歌詞を書き出してみます。

www.youtube.com


ペルソナシリーズは今現在5作目まで出ていますが、出るたびにイメージがガラッと変わっていて面白いです。

3はその中でもやや暗めな作品なのですが、歌の内容がすごく合っていて個人的にはすごく好きなので、歌詞を見ながら聞いていただければ嬉しいです。


(夢無き宿舎)
Dreamless dorm
(時計は時を刻む)
Ticking clock
(音の無い部屋から俺は出ていく)
I walk away from the soundless room
(風無き夜)
Windless night
(月明かりが俺の亡霊のような影を溶かす)
Moonlight melts my ghostly shadow
(生温い暗闇に)
to the lukewarm gloom
(毎晩、血染めの剣のダンスをして)
Nightly dance of bleeding sword
(俺にそれを思い出させるんだ)
Reminds me that
(俺は未だ生きているんだと)
I still live

(俺はやる)
I will
(自身の恐怖を燃やせ)
Burn my dread
(俺はかつて恐怖の神から逃げ出し)
I once ran away from the god of fear
(そして彼は俺を絶望に縛り付けた)
and he chained me to despair
(自身の恐怖を燃やせ)
Burn my dread
(俺はその鎖を引きちぎり)
I will break the chain
(そしてまたあの陽光が見るため走る)
and run till I see the sunlight again

(俺は自分の顔を上げ、そして陽光へと走るんだ)
I'll lift my face and run to the sunlight

(声無き町)
Voiceless town
(足を踏み鳴らす)
tapping feet
(俺はポケットの中で拳をきつく握る)
I clench my fist in pockets tight
(霧深き中には1つの塔が待ち構える)
Far in mist a tower waits
(容赦なく月明りを貪り食らう非情な墓標のように)
Like a merciless tomb devouring the moonlight

(ぜんまい仕掛けの迷宮)
Clockwork maze
(終わりは見えない)
End unknown
(止まった時間には階段が現れる)
In frozen time a staircase stands
(血塗れの床をシャドウが這う)
Shadows crawl on bloodstained floor
(俺は剣を手に真っ直ぐ走る)
I rush straight ahead with a sword in hands

(震える銃の冷たい感触)
Cold touch of my trembling gun
(俺は目を閉じる)
I close my eyes
(きみの呼吸音を聞くため)
to hear you breathe

(自身の恐怖を燃やせ)
Burn my dread
(自身の恐怖を燃やせ)
Burn my dread

(俺はやる)
I will
(自身の恐怖を燃やせ)
Burn my dread
(今回こそ恐怖の神を屈服させてやる)
This time I'll grapple down that god of fear
(そして彼を地獄の炎に投げ込んでやる)
and throw him into hell's fire
(自身の恐怖を燃やせ)
Burn my dread
(俺は痛みに肩をすくませ)
I will shrug the pain
(そしてまたあの陽光が見るため走る)
and run till I see the sunlight again

(ああ、俺は走るよ)
Oh, I will run
(後悔も恐怖も全部燃やしてしまえ)
Burning all regret and dread
(そして俺は太陽に顔を向ける)
and I will face the sun
(生きていることを誇って)
with pride of the living


・・・いざ字に起こしてみてもカッコいい歌詞だなぁと改めて思いました。

ペルソナの世界には一般人が一切感知できない止まった時間「影時間」というものが存在していて、その時間は町はしんと静まり不気味な塔が建ち、人々は棺桶のようなオブジェになってしまっています。
主人公たちはその影時間を棺桶にならず動き回ることができる特殊な学生なのですが、その時間になると現れる敵「シャドウ」と戦いながら塔の深部へ挑んだり、もちろん影時間以外は普通の人としての日常生活を送ります。

www.youtube.com


ちなみに3、4、5はアニメ版も出ているので、ストーリーだけを知りたい方はそちらの方もオススメです。ちょいちょいギャグが入っていて面白いです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Burn my Dread

ペルソナ3 オリジナル・サウンドトラック

ペルソナ3 オリジナル・サウンドトラック

 

ゲームペルソナ3

ペルソナ3

ペルソナ3

  • 発売日: 2006/07/13
  • メディア: Video Game
 

アニメペルソナ3