歌聴クブログ@遥

日本語以外の歌詞の歌を紹介するブログです

Ring A Bell(Tales of Vesperia)

今回はTales of VesperiaRing A Bellの英語版を見つけたので、そちらを和訳してみます。元のゲーム版では日本語で歌われています。

www.youtube.com


テイルズに使用されている歌は印象的な歌が多いので、CDを先に買うことも多い私です。今回もCDから先に買って現在PC版を遊んでいます。


(誰も踏み入れていない世界へ手を伸ばす)
Reaching up for no man's land
(掟を破って、チャンスを掴む)
To take a breath and take a chance
(俺は千夜を歩く、世界を変えるため)
I walk a thousand nights to change the world
(どこへ行くのか、いつ立ち止まるのか)
Where to go ? When to stop ?
(誰を信じるのか、何を口にするのか)
Who to trust ? What to say ?
(全てを手に入れた、あとは共有する人がいればいい)
I found them all, just need someone to share

(今はみんなと毎日、夕暮れの中)
It's now in the dusk every day to everyone
(強くはない、決して強くはない)
Ain't so strong, I ain't so strong to go
(それも一つの暮らし方として生きていく)
Living in life as it's not the way to live
(お前に聞いてほしい、俺が 一緒にいてほしい って言うのを)
I wish you could hear me say that I miss you

(何故俺達は背中を向け合っていたのか)
Why were we there back to back ?
(何故俺達はいがみあっていたのか)
Why were we there face to face ?
(俺は光でなければならない、お前が闇であるのなら)
I must be the light when you're in the dark
(もしお前がどこかで俺をを見失って涙を流していたら)
If you lose me somewhere, and your tears are in the air
(俺がお前の側にいるって感じるまで鐘を鳴らそう)
I will ring a bell until you feel me by your side

(空を見上げながら理由を探している)
Looking up into the sky, looking for the reason
(何故俺はここにいるのか、お前はここにいられないのかを)
Why I'm here, and why you can't be here
(誰が憎んでいるか、誰が非難するのか)
Who's to hate ? Who's to blame ?
(誰が傷つけるのか、誰が愛されるのか)
Who's to hurt ? Who's to love ?
(一体誰が決めるのか、何故俺達は同じになれないのか)
Who decides ? Why we can't we be the same ?

(孤独な道を歩いていることを信じてみて)
Try to believe walking down the lonesome road
(遠くない、俺とお前はそう遠くない)
Ain't so far, I ain't so far from you
(お前が孤独であることを続けるのであれば)
Staying the way you are, means solitude
(お前がいてくれたら俺の恐怖は振り払われるのにな)
I wish you were here and shook off my fear

(何故俺達は背中を向け合っていたのか)
Why were we there back to back ?
(何故俺達はいがみあっていたのか)
Why were we there face to face ?
(俺は光でなければならない、お前が闇であるのなら)
I must be the light when you're in the dark
(もしもどこかで俺がお前を見失い、俺がまだそこにいたら)
If I lose you somewhere, and I'm still hanging in there
(俺がお前の側にいるって感じるまで鐘を鳴らそう)
I will ring a bell until you feel me by your side

(あまりにも長い間、何をごちゃまぜにしている)
What has been in the mix too long ?
(戦いの中にだって平和はある)
There's the peace when you're at war
(頭か尻尾か、お前と俺)
Heads or tails, you and I
(光と闇、天と地)
Light and dark, ups and downs
(単なる指針に過ぎないそれに何の意味がある)
What has been in the mere goal ?
(俺達を隔てるものは何だ)
What's there to divide us ?
(もしお前が傷ついているなら、泣きながら心の強さを叫べ)
If you're hurt, cry and say can't you see your might of the heart

(何故俺達は背中を向け合っていたのか)
Why were we there back to back ?
(何故俺達はいがみあっていたのか)
Why were we there face to face ?
(俺は光でなければならない、お前が闇であるのなら)
I must be the light when you're in the dark
(もしお前がどこかで俺をを見失って涙を流していたら)
If you lose me somewhere, and your tears are in the air
(俺がお前の側にいるって感じるまで鐘を鳴らそう)
I will ring a bell until you feel me by your side


ゲームをあまり知らない方でも「テイルズ」と言うと聞いたことがある方も多いかもしれませんね。有名なシリーズ作品です。
ヴェスペリアはその中でも人気作で、数年前にリマスタリーも発売されています。

www.youtube.com



内容は・・・実は現在進行形で進めている最中なのであまり詳しくは分からないのですが、最近のゲームではあまり感じなくなってしまった「冒険している」感がすごくある作品だと思います。
私はテイルズシリーズは有名どころしか遊んでいないのですが、ファンが多いのはこのあたりが理由なのでしょうか。すごくRPGらしいRPGです。

リマスタリーが出たこともあり、据え置きやPC版も発売されているゲームです。RPG好きならまず嫌いになる人はいない内容だと思いますので、プレイ環境があれば是非遊んでみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考


Ring A Bell

ゲームTales of Vesperia